日本と地域社会を元気にするために

理事長 上野泰明
北海道知事認証NPO法人未来理事長上野泰明

【発明応援事業】【未来塾】
日本は高度経済成長時代に特許出願が60万件もあり,群を抜いて世界一でした。2012年の日本の特許出願数を見ると35万件、実用新案8千件と大幅に少なくなっています。
特許庁では、非課税者の出願には審査請求料の免除、登録料の3年間免除、4年~10年半額の制度があります。
経済的に力のない人の出願・審査請求・早期審査請求・登録がしやすくなりました。
特許出願しようと出願代行する専門家に依頼すると、1件の出願で50~100万円、内容によってはそれ以上の高額な費用がかかります。
大手企業や資金の豊富な個人は困らないと思いますが、一般の人が出願することはなかなか困難です。皆が気軽に出願できるようにして、高度経済成長時代の出願数や経済力復活する事をNPO法人 未来は願っています。

一億総発明運動をと頑張られた,元社団法人 発明学会名誉総裁の東久邇宮盛厚殿下の言われたように、ノーベル賞を100とるよりも、国民一人一人の小発明が大切だ。と言われました。  これらの問題を解決するために、NPO法人 未 来 が行う活動は地域社会に欠かせない重要な活動と考えます。どうぞ今後ともNPO法人未来 をご利用頂き、ご支援ご協力を心からお願い申し上げる次第で御座います。